>  > 間違えがそのまま…

間違えがそのまま…

ミスというか、自分でも間抜けというか、なんとびっくり、風俗店を間違えたんですよ。風俗街だったのもあって風俗店が多数あるんです。そのおかげで行こうって思っていた風俗店を間違えてしまったんですよ。間抜けとしか言いようがないんですけど、でも間違えてしまったお店でもとっても気持ち良かったんですよね。まさかここまで楽しいとは思っていないじゃないですか。待合室に居る時に「間違えてしまったかもって」ことに気付いたんですけど、でも実際にそれでも楽しめたんですよね。だから風俗って凄いサービスだなってことに改めて気付かされたような気がしますよね。まぁあまりお店を間違えるってのは好ましいことではないのかもしれないんですけど、こういったアクシデントも「予期せぬ刺激」って点では相当良いものになったんじゃないかなって気もしますね。何はともあれ、まさに「終わり良ければ総て良し」って感じになったんじゃないかなって思います(笑)

最高の風俗嬢との出会いです

彼女は自分にとって最高の風俗嬢だなって思います。なぜなら自分の理想そのものというか、Cちゃんは自分のために尽くしてくれる風俗嬢。でも外見はお嬢様風というか、ちょっと幸薄そうな顔がそそられるんですよね。攻めている時、攻められている時。微妙に表情が変化するんですけど、その時の表情も両方とも堪らない物なんですよね。それだけに自分としても本当に常に楽しい時間だなって胸を張って言えるんですよね。それに、毎回バイバイする時に笑顔なんです。これが大切なんですよ。ここで「また次も彼女にしたい」って気持ちになるんです。しかも振り返るとまだ見ていてくれたりするんですよ。まるで恋人同士みたいじゃないですか(笑)デートでバイバイしたけどずっと見ている…日常生活の中でそんなことを体験するような機会はなかなかありませんでしたけど、風俗でのそれは自分の心に深く突き刺さってくれますね。それはいわば次への約束のようなものなんですから。

[ 2017-01-12 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ